妊娠中に大きくなったバストを維持する方法

P

出産後、様々な体型の変化に驚く女性は多いです。そんな大きな体型の変化において、バストが挙げられます。

 

妊娠をすることで乳腺が発達し、人生で最大にバストは大きくなるものの、授乳が終わると妊娠前よりも小さくなってしまったり、垂れてしまう方も多いです。

 

できるものなら胸の大きさを維持しながらもとの体型に戻したいですよね。

 

卒乳後のバストアップは難しいと言われていますが、授乳中に産後大きくなったバストの大きさをキープする事は可能です。

 

その方法がこちら↓↓

 

マッサージをする

P

まず、出産後すぐは筋トレよりもマッサージが理想です。軽くマッサージをおこない乳腺に刺激を与えてましょう。

 

この時入浴中など全身の血行が促進される時に行うと効果的です。

 

食事に気を配る

P

女性ホルモン(ストロゲン)に似ている働きを持っている大豆イソフラボンを積極的に摂取しましょう。

 

その他、キャベツ、餅でバストを維持できたとき方もいらっしゃいます。自分の体にあった食べ物を見つけられるとベストと言えそうですね。

 

ワイヤー入りのブラジャーをつける

P

日中でも夜でもノーブラは確実にバストの下垂がおこるので必ずつけるようにしましょう。

 

またこの際、必ずワイヤー入りのブラジャーを選びます。ノンワイヤーブラでは妊娠中に大きくなったバストの影響でクーパー靭帯が伸びてしまいます。

 

ノンワイヤーでないと母乳が詰まってしまう方はマッサージが正しくできていなかったり、サイズが合っていないのが原因です。

 

卒乳後

授乳後のバストアップに関しては大胸筋を鍛える筋トレが効果的です。

 

筋トレ方法

腕立て伏せをして鍛える方法が効果的ですが、簡単にできるものではないですよね。

 

もっと簡単な方法として合掌のポーズをとり、合わせた手を15秒間押し合います。

P

 

これを1日15回ほど行うと効果的です。

 

 

バストの大きさの維持は実は出産してからすぐのケアがとっても重要!

 

垂れてしまってからバストアップするのは難しいので大きいうちにできるだけ大きさをキープする努力をしていきましょう。