胸の大きさをキープしながらダイエットを成功させるには?

P

胸は脂肪でできているから、ダイエットをすると胸の大きさも一緒に落ちてしまうといった事は誰でも聞いた事があると思います。

 

むしろ実体験済ですといった方も多いのでは?

 

ですが、本当に胸の大きさをキープしながら痩せることは不可能なのでしょうか?

 

調査してみると、「痩せる=必ず胸も小さくなる」といった事はないようです。ただ脂肪の量が減れば一緒に胸も小さくなる女性のほうが、大きさをキープできる女性と比較すれば圧倒的に多いのは事実のようです。

 

もともと、「胸の大きさをキープして他は痩せたい!」といった願望は大人になって身長を伸ばすのと同じくらい難しいようです。だからこそ根気よく続ける必要がありそうですね。

 

胸の大きさをキープしながらダイエットに成功した女性の成功秘話を探るといくつかのポイントがあることがわかりました。

 

ブラジャーのサイズを見直す

まず、「下着(ブラジャー)」が大事という事は多くの女性が話していた事実です。

 

自分のバストに合ったサイズのブラジャーをつけること。そして夜はナイトブラを付けることが重要のようです。特に補正下着の場合胸の周りの脂肪をバストに持ってくることで胸の脂肪をキープしてくれるのだそう。

 

食事制限はしない

ダイエット中は食事制限をされる女性も多いと思いますがこれは育乳にはNG。

 

タンパク質をしっかりと摂る事は忘れないようにしましょう。ダイエットの食事で大切なことは食事制限ではなく「食事管理」です。

 

鶏肉、キャベツ、豆乳といったバストアップに効果的と言われている食事はどれもダイエットに向いている食材なのでこうした食材も積極的に取り入れてみましょう。

 

バストの大きさをキープしながらダイエットに成功した方は脂肪を落とすダイエットよりも、筋肉を鍛えて引き締めるダイエットをして成功された方が多いです。

 

胸の揺らしすぎはNG

ダイエットに運動は理想ですが、胸を激しく揺らすジョギングはNGです。

 

胸を支えるクーパー靭帯は一度緩むと元に戻りません。グラビアアイドルの方も普段は胸が揺れすぎないように気をつけているほどです。

 

P

これらをまとめると、胸の大きさをキープしながらダイエットを成功させるためには自分のバストにあったブラジャーをつけ、筋肉を鍛える方法でダイエットを行うと効果的と言えそうですね。

 

最後に見落としがちなのが姿勢です。スマホをいじっている時、仕事や勉強をしている時知らず知らずに猫背になっている方も多いのでは?今、この瞬間も猫背になっているかも!

 

猫背になると胸が下を向いてしまうので、常日頃から胸をできるだけはるようにすることは意識したほうが良いそうです。

 

>>ハニーココのバストアップは本当?